花壇やガーデニングなどのお庭のお手入れ、剪定から大規模な伐採などの工事を承っております。

外構・造園 施工例

玄関前アプローチをバリアフリー化

甲賀市のお客様から玄関前のアプローチを車椅子が通れるように、和風な飛び石のある庭の雰囲気を壊すことなくバリアフリーなアプローチにして欲しい、との依頼がありました。

<施工前>
小さな砂利に飛び石を配置したとても感じの良いアプローチです。 しかし、砂利は車椅子を押すには抵抗もあり、更に飛び石に当たる為相当苦労されていたようです。
<施工後>
まず飛び石を車いすのタイヤに支障の無いよう配置をし直し、引っかからないように天端を揃えました。既存の庭のイメージを壊さないように伝統的な洗い出し工法を用いて見た目とタイヤの転がり具合を両立しました。通路両サイドは庭の砂利が入ってこないように、お客様の家に眠っていた瓦材を使用。通路と庭を仕切ったのはガーデニング好きな奥様に花を植えてもらうためでもあります。四季折々の花で飾って頂いております。

Before

After

洗い出し工法とは、壁・三和土(たたき)などに用いる左官仕上げの一種。コンクリートやモルタルに砕石や玉砂利などの骨材を混ぜて塗り、完全に乾かないうちに水で洗って表面に石の粒が浮き出るようにしたものです。

近年では当社でもバリアフリー化へのご依頼やご相談が増えています。

バリアフリーとは主に住宅における段差をなくす事です。

門から玄関までのアプローチにおいてのご依頼が多く、段差はもちろんですが、今回のように砂利の他、芝生などでも車椅子は押しにくいため、改修される方もおられます。

ポーチ(玄関前の数段の階段)を傾斜路(スロープ)へ改修される方も多いです。

また、勾配のある住宅地では敷地内に階段がある事も多く、その場合もスロープへの改修を提案しています。

湖南市であれば甲陽台や北山台などです。

傾斜角がきつくならないように配慮し、必要であれば何回か折り返す事を薦めています。

その際の施行方法は安全の為セメントなど平らで滑りやすい物は避けて、スリットの入る施行方法を提案しています。

お見積もりやご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

外構のバリアフリー化なら、滋賀県湖南市 株式会社 花